HOME » 目的別・横浜で二重になれるおすすめクリニック

目的別・横浜で二重になれるおすすめクリニック

同じ一重まぶたのお悩みでも、美容外科クリニックに求めるものは人それぞれ。

どんな二重のラインを理想とするのか、どんな理由で二重になりたいのか、目的別にクリニック選びのポイントを解説します。

ここでは、とある四姉妹とその母の二重になるためのクリニック選びを例にとって、横浜でおすすめの美容外科クリニックをピックアップします。まずは四姉妹と母の二重になりたいストーリーを簡単にご紹介しましょう。

 5人集合_整形後

【第1話】綺麗な二重になりたい!横浜一の名医を探す三女マイコ

三女マイコ体_整形前

(26歳・水商売)

見た目の美しさが武器であり、マイコにとっての商売道具。野暮ったい一重まぶたが悩みだったため、今の仕事を始めた20歳の時に埋没法で二重にしたものの、数年たって二重のラインが落ちてきてしまった。そこで今度は、美しい二重まぶたが長続きするよう、腕の良いドクターに施術をお願いしたいと思っている。お金もかかるし何度も施術を受けるのは嫌なので、一回で確実に華やかな目元を作ってくれる横浜一の名医を選び出すべく、美容マニアのマイコが徹底リサーチ!

【第2話】横浜一安いクリニックで二重になりたい四女ユカ

四女ユカ体_整形前

(20歳・事務員)

中学生の頃、三女のマイコお姉ちゃんが早々に二重まぶたに整形したのを見てから、何となく憧れを抱いていた四女のユカ。しかし、お金もないし地味な自分には美容整形なんて無用だと言い聞かせてきた。初めて彼氏ができた去年、二重で濃い顔の友人のことを「あの子カワイイね」と言っている彼の言葉を聞いてから、せめて目元だけでも二重に変えるべきかな…と思うようになった。わずかなお給料で贅沢はできないため、横浜で一番安く二重になれるクリニックを探している。

【第3話】横浜で二重整形のデザインを提案されたい長女ハルカ

長女ハルカ体_整形前

(33歳・家事手伝い)

長女のハルカは、四姉妹の中で最も分厚い一重まぶたの持ち主。強いコンプレックスを持ちながらも、整形手術にチャレンジする一歩が踏み出せずにいた。今の生活を変えたいと訪れた結婚相談所で、ビビッと来た銀行員の男性のプロフィールを見ると「タイプの女性は、目がパッチリした人」という一文が…。見た目のコンプレックスをなくすことから、新しい一歩を踏み出そうと考えたハルカは、自分にピッタリの二重まぶたをデザインしてくれるドクターを探して、地元・横浜のクリニックを真面目にコツコツ調査することにしたのだった。

【第4話】横浜一二重の口コミが良いクリニックを探す次女リコ

次女リコ体_整形前

(26歳・OL)

大学を卒業後、メーカーで経理の仕事をしている次女のリコは、自分の地味な見た目と花のない仕事、つまらない生活に飽き飽きしている。いっそのこと、整形手術を受けて華やかな顔に変身すれば、刺激的な毎日が待っているのではと思い、密かに二重まぶたへ整形するプランを立ててクリニック探しを始めた。美容整形に関する知識がほとんどないので、美容についてやたら詳しい三女のマイコに相談しようかとも思ったが、パッと目を引く二重まぶたに変えて成功したマイコへの嫉妬心もあり、正直に相談できない。自力で良いクリニックを探し当てるためには、口コミサイトを入念にチェックするしかない!と考えて、インターネットでリサーチを始めたリコだったが…。

【第5話】横浜で安心して二重手術がしたい母ヨシミ

母ヨシミ体_整形前

(52歳・主婦)

自らの外見などほぼ気にせず、30年以上主婦業を続けてきた母のヨシミ。四人の娘たちはそれぞれの道を歩み始め、手がかからなくなった現在、今度は自分のために時間やお金を使うべきだと考えるようになってきた。そんな時、三女マイコの何気ない「お母さんも二重にしちゃえば?」という一言から、自分が長年悩み続けていたコンプレックスの存在がじんわりと浮き出てきて、頭から離れなくなった。そう、ヨシミは腫れぼったい一重まぶたが娘時代からの悩みだったのだ。

自分の顔を変えることへの罪悪感や不安もあり、美容外科クリニックを受診することにためらいを感じているヨシミだったが、無料のカウンセリングやメール相談、アフターフォローまで充実しているクリニックなら、任せてもいいかしら…と思うようになった。安心してお願いできるクリニック探しの基準として、事前のカウンセリングやオンライン相談、アフターフォローが充実していることなどを意識して、調査をしてみた結果…。